園の紹介

自然の中でのびのびと

保育園の近くには『まるこ山』と呼ばれる小さな山があります。天気の良い日にはみんなで手をつなぎお散歩コース。小高い山は自然の教室です。木々を使い遊んだり、走ったり。時には昆虫を探したり、木の実を拾ったり。双葉保育園は、自然と共存しています。

保育の考え方

子ども一人ひとりを大切にし、保護者からも信頼される保育園を目指す。

豊かな心と丈夫な体を持ち、みんなと仲良くする子どもを育成する。

・生活や遊びの中で、楽しみながら体を動かし、遊ぶ意欲をたかめる。
・人や自然とのかかわりの中で思いやりの心を育てる。
・元気に挨拶ができる。

保育案内

年間指導計画に沿って保育をしています。

◇指導計画とは・・・基礎的事項(生命の保持及び情緒の安定)と、人間関係・環境・健康・表現・言葉の5つの領域から成り立ち、子どもの発達に応じて計画を立てています。

これらは、すべての子どもの遊びの中に取り入れて教育的な配慮のもとに保育をします。

組編成

【 つきぐみ 5才児 】
これまで身につけてきた基本的な力を活かし保育園のリーダーとして最後の園生活を楽しみます。様々なひと・もの・ことに関わりながら、思いやりの心や人の役に立つ喜び、豊かな心と生きる力が育つよう願いを込めて丁寧に保育していきます。

【 ほしぐみ 4才児 】
友だちとの関わりをもち始め、様々な場面で上手くいかないことやトラブルもでてくる頃です。
友だちを思いやる優しい気持ちをもてるような保育を心がけています。
いろいろな経験をする中で自信をもって過ごし、友だちとの生活や遊びが楽しいと思えるような保育をしていきます。

【 はなぐみ 3才児 】
好奇心や想像する力が豊かになってきた子どもたちは自分でできることや、遊びが広がってきます。
友だちとのふれあいを通し、自分の気持ちを伝えたり、少しずつ相手の気持ちを知ろうとする心を育んでいきたいと思います。
大好きなことを思いきり楽しみ、のびのびと成長できるような保育をしていきます。

【 ひよこ組 2才児】
友だちの存在が気になり始め、まねをすることで自分の身の回りのことが少しずつ出来るようになってくる頃です。
「自分でしたい」という気持ちを大切にしながら、自分のことは自分でできるように援助していきます。
また、あそびの場面でも子どもたちとのやりとりを一緒に楽しみ自分の思いを言葉でも表現できるような保育を心がけていきます。

【 ひよこ組 0、1才児】
温かい雰囲気のなかで一人ひとりの生活リズムを大切にしていきます。
子どもたちが安心して過ごせるよう心に寄り添う保育を心がけています。
たくさんふれあいながら子どもたちの成長を見守っていきたいと思います。

保育時間

平日早朝保育 AM7:30~PM8:30
平 日 保 育 AM8:30~PM4:30
平日延長保育 AM4:30~PM7:00

土曜早朝保育 AM7:30~PM8:30
土 曜 保 育 AM8:30~PM4:30
土曜延長保育 AM4:30~PM7:00

※土曜日はバスの運行・給食はありません

園の沿革

  1. 昭和33年4月より心華院本堂を開放し、金屋保育園として発足
  2. 昭和35年8月寺院境内の杉林を伐採して新園舎を建築移転
  3. 昭和44年8月に同改築し、定員90名の認可を受け『社会福祉法人双葉会 双葉保育園』とする
  4. 平成5年 定員60名とする
  5. 平成9年 定員45名とする
  6. 平成15年 定員60名とする

施設のご案内

園のマップ